新車か中古車か、あなたにピッタリのクルマを色んな観点から探していくためのサイト。

あなたに合っているのは、新車か、中古車か。

新車を買うということ

新車。
独特のシートの香り、ピカピカの車体、ホコリひとつ無いインテリア、傷一つないタイヤホイール、どこをとっても綺麗なその姿と、新品の内部構造。
誰でも車を買うなら、新車で購入したいものですが、そうでないスタイルを選ぶ人達も、現代では珍しくありません。
新車を買うということは、それに伴う様々なお金、維持管理の部分を考えなくてはいけないということです。
簡単に挙げますが、まずはお金の問題。
新車は当然、レンタカーや中古車よりも高いです。
また、ライフスタイルの問題もあります。
例えば転勤が多く、駐車スペースを簡単に用意できない場所への引っ越しの可能性がある人が、憧れだけで大きなワゴン車を買ったとしても、置き場所に困ってしまいます。
また、維持管理の問題もあります。
好みや生活面の問題で、乗り換えの可能性が高いのに新車を買っても、特にローンを組んでいる場合は、中古車を買うより損をしてしまう恐れもある訳です。

新車を購入するのに向いている人

さて、先ほどの項においては、新車を購入した場合に考えられる様々な注意点を考えていきましたが、それでも新車を購入したいという声が根強いからこそ、各自動車メーカーは常に新車をラインアップし、宣伝している訳です。
では、新車を購入するのに向いている人とは、どのような場合の人達でしょうか?
簡単な例を挙げると、まず「持ち家」を持っている人です。
自宅を既に建てている方は、単身赴任でも無い限り、生活圏とライフサイクルが変化しません。
現在の新車は購入から10~15年は乗れますので、先の見通しを立てやすいのです。
また、中古車は点検をしているとはいえ、基本的に機械をある程度使ったクルマになるので、仕事で遠出する事が多かったりする人は、信頼性の問題から、新車を購入した方が良いでしょう。